得する確定申告についての解説サイト

>

知っておくべき!得する確定申告の方法

まずは基礎知識から!確定申告とは

納税は国民の義務です。
確定申告とは、所得のあった翌年に収める決まりです。
また、申告対象は個人事業主や年金受給者、退職所得がある方、不動産収入や配当所得がある方だけではありません。
給与収入を得ている会社員や公務員の方も対象です。多くの方は、年末調整で会社に税金を調整してもらえるので、確定申告をする必要はないのですが、条件次第では申告をする必要があります。
そして、場合によってはお金が戻ってくるというケースもあります。
別ページで詳しく触れていますが、「還付申告」という申告です。
なお、確定申告の必要がある人が申告をしなかったり、期限を超過してしまうと追微課税を支払わなくてはいけなくなってしまう可能性もあるので十分注意してください。

以外に簡単!申告手続き

確定申告についての基礎知識を学んだたら、実際の手続きに入ります。
最初に申告に必要となる書類(支払調書、源泉徴収票、控除のための領収書等)を集め、チェックします。
ここで大切なことは、必要となる書類に漏れがないか丁寧にチェックをすることです。例え領収書等が見当たらなくても、詳細なメモが残っていたら書類として有効になるので漏れなく確認してください。

次に、申告書を入手して書類の作成です。
申請書は、最寄りの税務署で入手できますし、郵送を依頼することも可能です。
又は専用サイトがあるので、申請書を作成することもできます。
サイトから作成する場合、各種控除に関する確認もあるので、該当する控除の漏れがないか確認ができるので良い手段の一つです。
それでもよくわからないという方は、直接税務署で細かくアドバイスを受けるとやはり安心でしょう。

最後まで抜け漏れがないか十分に確認できたら申告書を提出し、税金を納め完了です。


この記事をシェアする