得する確定申告についての解説サイト

>

還付金が受け取れる条件とは

還付を受け取れる人って?

払いすぎた税金がある場合は確定申告によってお金が戻ってくることがあります。
それが「還付申告」です。
個人事業主以外に、確定申告をする必要がない会社員でも年末調整では手続きできない控除があってこの対象であればお金が戻ってくることがあります。
例えば、住宅ローン控除、ふるさと納税、医療費控除、上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除などです。
その他にも、年の途中で退職し年末まで再就職していないという方や、災害・盗難などで資産に損害を受けたといった場合も対象です。
源泉徴収が実際より過剰に行われている場合があり、 この対象であれば還付を受けられることもあります。
ただし、還付金を受け取るには、ご自身で申告を行う必要があります。

還付金申告から還付金受け取りまで

還付申告の請求期間は確定申告期間とは関係なく、今からさかのぼって過去5年間が請求可能期間となります。
例えばですが、過去5年の間で病気やけが等で医療費がかさんだ年はないか思い出してみてください。もしあればその時の領収書等が残っていないか確認してみてください。
次に申請書の提出についてです。
申告は、税務署へ直接出向くかe-Tax(電子申告)のどちらかの方法となります。
税務署へ直接行く場合、「源泉徴収票」、「添付書類」、「銀行通帳」、「印鑑」を持って行きましょう。

そして、還付金受け取りの日数についてですが、振込までには一ヶ月から一ヶ月半後というのが一般的です。e-Tax(電子申告)の場合ですと、3週間ほどまで短縮されます。


この記事をシェアする