>

節税のポイント

知っておきたい節税対策!

「税金を少しでも安くできないか」そんな思いをお持ちの方は多くいるはずです。
節税とは何か、対策できることはあるのかをご紹介します。

節税は、個人事業主だけができるものではなく会社員もその対象となります。
また、節税をすることは決して違法ではなく、法律の範囲内で納める税金を減らすことが可能です。

節税対策としては、所得控除と経費は扱い一つで大きく節税額が変わってきます。
まず所得控除ですが、適用できる控除を持っていれば少し税額を減らすことができます。受けれる控除を受けていないのは損です。節税をしたいなら、所得控除対象のものはないか確認して使いましょう。
次に経費です。
節税のために必要経費は可能な限り計上しましょう。必要経費とは、主に事務所経費、消耗品費、什器備品費等が対象となります。

また、青色申告に変更することもお勧めです。これにより経費と認められる部分が増え、所得を減らすことができます。

税理士からのアドバイス

節税とは、法律の範囲内で納める税金を減らすことを言います。
一歩間違えて法律に反し、不正な行為により納税を免れようとすると「脱税」となってしまいます。脱税は、例えば、売り上げを除外したり、経費を水増しするなどで支払うべき税金をごまかす行為のことです。
いくら税金を軽減をさせたいからといっても、法を犯すことだけは絶対に避けてください。

節税は、税務署で相談に乗ってくれたり自動的に算出してくれるものではありません。ご自身で申告して手続きをしなければ控除されません。
ぜひ、節税に関する様々な情報をご自身で集めてみてください。
色々な知識を得ることで不必要な納税を減らすことができるので、負担も軽減されるはずです。


この記事をシェアする